お茶ができるまで

leaf.jpg荒茶の製造工程 line.jpg 1-1.jpg

1.摘取・搬入:毎年、4月中・下旬から5月頃お茶の生産が 始まります。茶葉は手摘、茶摘機などで摘みとられ荒茶工場へ素早く運ばれます。





1-2.jpg



2.蒸(むし):集められた茶の葉を自動的に蒸機へおくりクリーンにして茶の葉を蒸気で蒸します。





1-3.jpg

3.冷却:蒸された茶の葉の表面の水分をとりのぞきながら冷やします。冷却すると葉緑素(緑色)が残ります。





1-4.jpg

4.葉打ち:葉振いして水分を蒸発させます。



5.粗揉:揉みながら熱風で乾かします。



1-6.jpg

6.揉捻:茶の葉をふたたび揉みながら熱風で乾かします。



7.中揉:茶の葉をふたたび揉みながら熱風で乾かします。



1-8.jpg

8.精揉:茶の葉に熱と力を加え形を整えながら乾かします。



9.乾燥:揉みあげた茶を調整しながら充分に乾かします。このお茶を荒茶といいます。



leaf.jpg仕上げ茶の製造工程 line.jpg 2-1.jpg

1.仕上茶総合:荒茶は、形は大小さまざまな状態で混じりあっているので、ふるい分け、切断して、形を整えきれいにします。

2.仕上茶乾燥(火入):茶をさらに良く乾燥させると同時に、独特の香りや味をひきだします。

3.選別:火入れされたお茶から茎、粉などを選別します。

2-4.jpg

4.合組:製品の調整・配合と均一化をはかります。仕上がったお茶を仕上茶と呼びます。







leaf.jpg包装から店先まで line.jpg 1.包装:仕上茶は取り出されて計量され茶箱や袋に詰めます。

2.出荷:産地の問屋さんなどから全国各地のお茶屋さんに出荷します。

3.お茶屋さん:お茶は、袋や缶に詰められて売られます。