銘茶揃い 茶通人(ちゃつう)

chatsu.jpg

煎茶は、肥沃な礫土に恵まれた掛川市東南台地の南斜面に位置する茶園にて、有機質肥料を主体とした集約的栽培のもとで育成されました。
玉露は、名産地で名高い宇治和束の茶園にて永年培われた伝承の技をもって大切に育てられました。いずれも新芽を最適の時期に摘み取り、清水を用いてじっくりと蒸し上げましたので、それぞれの成分を十分に引出しています。爽やかな香りとまろやかな自然味は、通人好みのお茶として好評をいただいております。