技量の誉 天皇杯受賞生産組合の茶

tennouhai.jpg

2009年10月の農林水産祭にて栄誉ある「天皇杯」を受賞した、静岡県掛川の中山茶業組合にて製造された銘茶です。
天皇杯とは、1年間に農林水産大臣賞を受賞した7部門514の候補から選定された賞で、中山茶業組合は2008年度の全国茶品評会深蒸し煎茶の部にて農林水産大臣賞を受賞しており、茶作りに取り組む姿勢、技量を高く評価されています。
土作りから良質茶の育成に取り組む生産組合の茶は独特の深い味わいを引き出しています。